脂肪の吸収を抑制する成分や食品についてご紹介いたします

カロリーブロック系のダイエットサプリの多くに用いられる栄養素は、食事の1時間程度前に摂取すればカロリー吸収を抑制する効果が期待できます。
本記事では、カロリー抑制の働きがある栄養素についてご紹介いたします。

脂肪の吸収を抑制する成分

脂肪の吸収を抑制するキチンとキトサンはあらゆる生物に含まれている成分です。
動物性食物繊維であるキチンとキトサンには、脂肪の吸収を抑制する働きが存在します。

キチンとキトサンはきわめて多くの生物に含まれている成分であり、具体的には、エビやカニの甲羅をはじめとして、貝殻やキノコ、昆虫にまで幅広く含まれています。

脂肪の燃焼をさせてくれる成分

脂肪の吸収から燃焼、食欲までのあらゆる点でダイエット効果を発揮するガルシニアカンボジア。
ガルシニアカンボジアは、脂肪の吸収を抑制する働きと同時に、脂肪の燃焼を促進させる上に、食欲を抑えるグリコーゲンを産出する働きまで存在します。

ダイエット効果が高い果物として注目を集めているガルシニアカンボジアは、オトギリソウ科フクギ属の植物であり、果実は甘酸っぱい味がすることが特徴です。
日本では、果実そのものよりも、ハーブとしてコーヒーなどに配合し、ダイエット効果を生み出している製品も存在します。

脂肪の吸収を抑制することで、ダイエット効果を生み出す栄養素や食べ物は、本記事でご紹介したもの以外にもまだまだたくさんあります。
本記事を参考に、自分の普段の食生活を見直してみて、摂取しやすいものをとりいれることをおすすめします。

関連記事一覧: